読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのいろ

音楽のはなし(旧ブログより移行中)

【Review】スリーフィンガー

SILENTSIRENレビュー、その7。
前回の「捨て猫とカラス」から1ヶ月…どんだけ間あけてんだ。ごめんなさい。
長澤くんのって軽いノリで書けないんだ。なんかのスイッチが入らないと無理なんです。
気を取り直して。今日は、ラスト曲だー! 

★7.スリーフィンガー

SILENT SIREN

SILENT SIREN

  • アーティスト: 長澤知之
  • 発売日: 2009/08/05

これは、SILENTSIRENの中で一番楽しく聴いてる曲だよ。純粋に音だけを楽しめるから。
特にギター。エレキもアコギも両方ね。楽しそうなのが伝わってきて、楽しい。
歌詞中にも「皆とギターで遊んで」ってあるけど、ほんとに楽しい♪

 

この歌はサウンド重視で聴いてる。かといって歌詞を全く聴いてないわけじゃないよ。
一番残るフレーズは【悲しい歌のはずなのに あの子は笑ってる】ってところかな。
あとね、すごく気になっちゃうのが「アベック」という言葉。
アベックは・・・死語ではなかろうか。長澤くん私より若いのに。これはわざとですかね?イマドキの言い方がいけ好かないのかな。まぁ、私も死語をけっこう使うけどね(笑)

 

曲の最後に入る「皆さん、優しい声で~」って言ってるのは長澤くん。
「茜ヶ空」のコーラスを録ってる時のマイクチェックなんだって。クスッてなるよ。 

ということで、この歌はギターを聴け!です。はじめのコーラスも大好きだけどね。

 

さて。表向きにはこれで最後。
でも、SILENTSIRENを持ってる人はまだレビューが終わってないことを知っているよね…フフ

 

(2016/02校正)