読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのいろ

音楽のはなし(旧ブログより移行中)

【Live】柏 唄魂(2010/01/16)

2010年初のライブレポです。今年初の参戦ライブは、イベント形式!

 

柏 唄魂 vol.1
【日時】 2010年01月16日
【会場】 柏PALOOZA
【出演者】岩瀬敬吾/長澤知之/一色徳保(つばき)

 

3組のアーティストが弾き語りで出演。私のお目当ては、もちろん長澤くん。なので、長澤くんのライブレポになります。他のお2人は初めて聴いたので、書けません。最初に言っておくけど、臨場感を求めるならば、私の書くレポは参考にならないと思うよ。

今回、長澤くんがまさかトリだとは思ってなかったので、登場までの時間が長くて長くて。まるで自分の出番を待つかのような大緊張の中、前回と同様、手に汗をたくさんかいてた。早く出てきて~と懇願した。

彼の音楽にはもう何年も前から触れてきたけど、ライブに足を運ぶようになったのは最近のことなので、まだまだ慣れず、感動も大きい。なんだろう。あのアコギ。これまで聴いてきたギター弾きの誰とも被らない素晴らしさ。

バンドと弾き語りという演奏スタイルの違いもあるが、持つギターによってこんなにも印象の変わる人も珍しい。エレキのときの長澤くんは、かっこよくてセクシーで、アコギを持つときは繊細さが際立つ。弾き語りでは、歌の最後の音の余韻まで大事にしているところが素敵と思った。ジャカジャン!って終わってばかりのそれまでの2人に比べて、すごく丁寧に音の処理をしている様子に感動した。 

 

ここから各曲の感想をひとことずつ。

★植木鉢
爽やかな変態曲(笑)弾き語りだとまた違うね。序盤はいろいろ確かめてるように見えた。

★回送
今、一番気になってる未発表曲。前に聴いたときと変わったように感じた。もしかしたら、とんじゃっただけなのかもしれないけど(笑)

★僕らの輝き
デビュー曲。やっぱりこの歌、良くなっていく。とても素敵な歌だとしみじみ思って、ジーンときた。ずっと歌い続けていってもらいたいな。

★明日のラストナイト
こないだのワンマンのとき聴いたから2回目だ。言葉の羅列が印象的で残る。また聴きたい。

★MEDAMAYAKI
タイトル聞いたとき、マカロニグラタンの次は目玉焼きか~!と思った。食べ物シリーズと思いきや、とんでもない。圧倒された。

★ベテルギウス
今の時期に聴くならコレ!と思っていたものだったから、聴けてとても嬉しかった。最近知ったベテルギウスのニュースを思って、余計にあぁ…ってなったっけ。この歌は、「ベテルギウスを見上げる長澤くん」を想像して聴いてきたんだけど、このときは「ベテルギウス=長澤くん」って思ってしまった。

★俺はグビ
酔いどれの唄って呼んでたけど、他の方のブログで「俺はグビ」だと知った。これはかわいいというか、面白いね。はっちゃけ具合が今までになかったような感じ。

★だから愛して
インディーズの頃の歌を、まさかやってくれるとは思わなかった。今の声だとまた違って素敵だった。口笛上手いよね(笑)

★マンドラゴラの花
前回のワンマンのときのバンドVerに、すげー!って思ったけど、弾き語りの今回も素晴らしかった。初めて聴いた2005年のオーキャンのオープニングアクトの頃と比べて、格段に世界が広がってる。最後の、ぐわーっとワープしてくとこが大好き。(←自分の表現が残念すぎる)

★マカロニグラタン
まさかアンコールにこれとはね。マカロニグラタンの連呼がもはや気持ちいい。2006年のオーキャンを思い出してた。あの日の帰り、頭の中をぐるぐるしてたのはこの曲だったっけなぁ。あの衝撃は、今でも忘れられない。

 

しかし、新旧ハッキリ分かれた選曲だったな~

ライブ当日の夜は、珍しく無音の部屋で過ごした。部屋に戻ってからもテレビつけず、音楽を聴いたりもしなかった。さっきまでの彼の歌が、まだ響いてくれていたから。これは味わったことのある人じゃないとわかんないんだけど、本当に余韻がすごいんだ。おかげで、その日はほとんど眠れなかったよ。1週間経った今も、このときの長澤くんの歌が蘇る。幸せな余韻。

彼の歌は育っていくね。世に出た時点が最高点ではなく、時が経つほどに輝きが増すんだ。彼が表現したかった世界に、彼自身がやっと追いついてきたのかなって思う。昔は、まだなんか出し切れてなかったり、自分で上手く制御できていない感じがしていたけど。

彼のライブで、私は自分が生きてることを強く実感する。普段思うことじゃないよね?そんなことを日々考えながら生活してるわけない。だけど、長澤くんの弾き語りを聴いて、それを感じさせられた。ライブ中も、終わった後も。この世に、今、存在しているということ。それと共に、確かに今、こうして歌っている彼の姿を見ていられるけど、それ自体が特別なことのようにも思えた。

彼自身が醸し出す雰囲気と圧倒的な音の世界に、もっともっと吸い込まれていく。「もしかしたら、もう二度と見られないかもしれない。」そう思ってしまうから、食い入るように見つめ続ける。それは常に見える「危うさ」からくるものなのかな。泣かせてほしいとか癒してほしいとか、そういう普通のことは望んじゃいない。今、こうして夢中にさせてくれることに感謝している。ほんとに素晴らしいアーティストだ。とても素敵な世界。

 

【SET LIST】
(★は未発表曲。※はインディーズ盤収録曲。)
1.植木鉢
2.回送 (★)
3.僕らの輝き
4.新曲 (★)
5.新曲 (★)
6.ベテルギウス
7.新曲 (★)
8.だから愛して (※)
9.マンドラゴラの花 (※)

~アンコール~
En1.マカロニグラタン