読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのいろ

音楽のはなし(旧ブログより移行中)

【Live】長澤知之NO5@代官山UNIT(2010/10/22)

長澤知之 Live

げっ、1週間以上経っちゃった。今日で10月も終わりですね。
これから長澤くんのワンマンについて書くけど、ライブレポというより感想です。
まだ自分の中で消化しきれてないけど、今の時点での感想を残しておこうと思う。

 

 長澤知之 Nagasa・Oneman5
【日時】 2010年10月22日
【会場】 代官山UNIT

 

ながさわんまんに行ったのは2回目。去年はものすごい衝撃を受けて帰ってきた。
今回もね、そりゃあすごいライブだったよ。
またライブ前から大変な影響を受けていました(笑)
数日前からドキドキ・ソワソワし始め、当日はそれが最高潮で手も震えだすほどに。開演直前には、もうほんとに「助けてー」って言いたくなるくらいだった。自分がステージに出るわけでもないのにね。

曲と曲の間の音がないときの張り詰めた感じも耐えられなくて、「はやく音出してー(涙)」ってなりました。
この具合が悪くなるほどの緊張感は心臓だけでなく体中に悪い(笑)
・・・こんなに緊張することって長澤くんのライブ以外ありませんです。
でも、演奏中だけはそういうのがどっかに吹っ飛び、音の世界を全身で楽しむことができるから不思議です。

 

長澤くんのライブって、これまで観てきた誰のにもない、全く新しい感覚で捉えることができるんだよね。
ライブに足を運ぶ回数がある程度に達すると、この人はこのくらいだろうという予想枠が出来てしまうのだけれど、長澤知之という人は、私にその枠を作らせない人なのです。
ワンマンこそ2度目だが、イベント系を合わせると、もう10回近く彼のライブパフォーマンスを観ているというのに、いつまでも慣れることがない。

 

今回は、なんというか、言葉を越えてしまった感じです。だから、書くモードに全然切り替わらなかった。
予想通りライブ後遺症も出ましてね(笑)今もちょっと風邪気味なんです。。言葉では表現することのできないエネルギーがぶつかり合ったり融合したり。それらがうごめく空間を、何度も見て、感じて、確かめた。

一瞬一秒を見逃すまいと、全て受け止めようと、私の心はずっと動きっぱなし。
でも、彼から発せられるパワーはあまりにも大きすぎて、受け止めきれないくらいだった。
「打ちのめされる」とはこのことかと。彼の圧倒的な才能を前に、私は今回も完全に打ちのめされた。
心を器に例えて、自分が感じ取ったものをそこに集めるとしたら、その器を簡単に溢れさすくらいのものを全身に浴び続ける。彼のライブは、毎度この器の大きさを広げてくれている気がします。自分の器を大きくしないと、彼に追いつけない。長澤ライブは、イコール自分の心の修行場となるのです(笑)

 

選曲は、宣言通り新曲中心の構成でしたね。
タイトルも知らない全く初めての曲が3曲もあったので、ワクワクしました。(THE ROLE、JUNKLIFE、死神コール)
あと、聴きたいと思っていた曲たちを、しっかり聴くことができたのが嬉しかったな。
しかも、最初(マンドラゴラの花)と最後(茜ヶ空・君だけだ)にってことで、なんだか特別な感じがした。

「マンドラゴラの花」は、初めて聴いたのがデビュー前だったけれど、それから随分とデカイ曲になった。
長澤くん自身と長澤バンドがどんどん凄みを増して行く。ライブで聴くたび感動する。
今回は最高にかっこよかった!!
松江さんが弓を使ったことが新鮮で、また新しいマンドラゴラになった気がする。
「君だけだ」は、弾き語りしか知らなかったので、初めてのバンドバージョン。
この歌大好きだから、口ずさんでしまったよ。
ついでに、「どうせ陽炎」のとき、ハンドマイクで歌ってた姿にニヤニヤしてしまったんだけど、あれは確信犯だよ・・・ね?

 

弾き語りも好きだけど、あぁ、やっぱりバンドもすごくいい!!
どっしりとした存在感がある長澤バンドサウンド、大好きだー!
長澤くんは普段ソロで活動しているけれど、バックバンドが松江さん、須藤さん、秋山さんの3人だからこそ、長澤バンドとして成立しているんだと思う。
よく思うのは、長澤くんの音楽を音でサポートするのは、彼と同年代の人には不可能だろうということ。
後ろでガッチリ支えるオトナなお三方のおかげで、長澤くんはステージで伸び伸びやれるのではないかと思っています。

とあるファンの方も仰っていたが、現代社会の中では生きにくそうに見える長澤くんが、ひとたびギターを手にすると、ステージ上ではあんなにも自由にしている様が何より感動的でね。
昔は、歌っていても辛そうに見えるというか、どこか閉じられた感じがしていたけれど、ここ最近は開けた感じで、ほんとに自由に飛んでいるなぁと思う。そんな彼を見るのが嬉しくてたまらない。(←やはり保護者目線か、笑)

 

ライブ後から数日間は非現実的な世界にいるようで、うまく社会復帰できなかった。
なんだかいろんなことがどうでもよくなってた。長澤くんの音楽を除いては。
今はようやく振り返ることが出来るようになって、あの時のいろんな歌のフレーズが頭の中を流れたりしている。
もうけっこう日が経ってしまったけど、今の自分にはこの人の音楽が一番しっくりくるんだということを再確認した時間でした♪
今度は、もっと人が入るライブハウスでやってもらいたい。UNITでは狭いと感じた。

 

【SET LIST】

1.マンドラゴラの花
2.EXISTAR
3.THE ROLE
4.JUNKLIFE
5.神様がいるなら
6.明日のラストナイト
7.夢先案内人
8.幻覚
9.死神コール
10.24時のランドリー
11.なう。(弾き語り)
12.僕らの輝き(弾き語り)
13.マカロニグラタン(弾き語り)
14.ベテルギウス(弾き語り)
15.真夜中のミッドナイト
16.MEDAMAYAKI
17.零
18.どうせ陽炎
19.RED
20.三日月の誓い
21.P.S.S.O.S.

~アンコール~
En1.回送(弾き語り)
En2.茜ヶ空
En3.君だけだ