読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのいろ

音楽のはなし(旧ブログより移行中)

【Live】響鳴(2010/12/25)

長澤知之 Live

ブログを1ヶ月以上放置してた・・・
月末ではありますが、12月最初の更新。長澤くんのライブレポ。

 

★ Live In LANDMARK X'mas Night×Fm yokohama 25th ANNIVERSARY×音霊番外編「響鳴」@横浜ランドマークホール

(長い。長すぎるぞ、イベント名・・・)

f:id:tsukinomad:20160223110036j:plain

私にとっては、今年最後のライブ参戦。前回のNEXUSから1ヶ月ぶりの長澤くんでした。
長澤くんは3番手。
帽子を被らずステージに登場したの久しぶりだったな。
私は前から5列目くらいのほぼ中央から見ました。

 

この日の私は直前のおそろしいほどの緊張感に襲われることもなく。
落ち着いて観ることができた。(あら不思議。笑)

 

【SET LIST】
1. いつものとこで待ってるわ
2. 左巻きのゼンマイ
3. コーデュロイ
4. 三年間
5. ベテルギウス
6. 僕らの輝き
7. 明日のラストナイト

 

今回聴けたらいいなぁと思ってた曲、3曲も聴けちゃった♪
⇒ いつもの~、ベテルギウス、コーデュロイ

 

1曲目のイントロを聴いた瞬間、「あ、これはもしや!」とわくわく。
「いつものとこで待ってるわ」は、周囲の方のお話から最近ライブでとても聴きたい曲になっていて。歌いだしで「いつもの~」だとわかり、1曲目からこれですか!?って内心興奮!!ギターがすごい。
歌ってる最中、何かを倒したらしく(ギタースタンド?)、スタッフさんが直しに現れて、それに気付いた長澤くんが歌いながら「すいません」って言ったりしてた。笑

 

弾き語りで聴くの初めてっていう曲が結構あったかも。
「三年間」のギター、反則だと思う。
「三年間」のあの3を積み上げてくとこで、21を22と間違えてニヤリ。
22って言っちゃったとき、「あ。」ってなった顔がかわいらしかった。

 

「ベテルギウス」は歌ってくれると思ってたので聴けて嬉しかったな。
赤い照明の中、歌う様が印象的でした。
「僕らの輝き」「明日のラストナイト」は今年ライブで何度も聴けたけれど、毎回素敵だなと思わされる。バンドと弾き語りでは聞こえ方が変わる。

 

今回も曲間のMCはほとんどなく、次々に曲を披露。ラスト前に少しだけ話した。
ギター2本用意してたけど、結局1本でやりきった。
曲と曲の間にギターをマイクスタンドに「ごつん。」とぶつけたり、相変わらずの咳もしておりました。笑

 

なんだかこの日は特別な感覚だった。すごくよかったよ。
ワンマン以外のイベント系での満足度はダントツだったかも。
弾き語り特有の、壊れそうな危うさは感じなくて、繊細なんだけれどどっしりとしていて。
落ち着いてやれていたように思う。声もよく出ていたしね。

 

長澤くんって歌ってるときどんなこと思ってるんだろう?
前に、歌ってるときは頭の中は真っ白って話していたけれど。
歌いながら、お客さんをひとりひとり確認する感じで少しずつ視線を移動させる。
たまに、知ってる人でも見つけたかのようにニヤリとしたり、何かを確認するかのように空を仰いだり。

 

近距離で見れるときは、ギターを弾く指も見たいし、歌ってるときの表情も見たいしで、目が忙しくて困る。笑
弾き語りだと歌声の力とギターの上手さが際立つ。
わー、すごー。って思いながら見てた。
弾き語りでこれだけのものを表現できる人って珍しいと思うな。
「凄み」を感じられるようになってきた。
なんかさ、バンドの時は、「弾き語りもいいけど、やっぱりバンドだ!」って思うけど、弾き語りの時は「バンドも好きだけど、やっぱり弾き語りも素敵」って思うんだよね。
どっちもすごく魅力的だから、両方観たい。

 

同じ曲でも毎回違って聴こえるし。
ギターの弾き方や歌い方が違ってたりっていうのももちろんあるけど、その時の空気感というか、長澤くんから発せられる「気」みたいなものが日によって違う気がして。
何回観ても、はじめての感覚なんだよなぁ。
だから、何度もライブに足を運びたくなる。
今日はどんなステージになるのかなってドキドキ・わくわくするのって楽しい。

 

こうして今、長澤くんの音楽が響く自分でいられることが嬉しいし、幸せ。
そう思った素敵なクリスマスの夜でした★

f:id:tsukinomad:20160223110117j:plain

【出演アーティスト】
1. 椎名慶治(ex.SURFACE)
2. D.W.ニコルズ
3. 長澤知之
4. 和田唱(TRICERATOPS)