つきのいろ

音楽のはなし(旧ブログより移行中)

【Live】RESONANCE(2012/02/19)

感想。長澤くんのことだけ書きます。

 

 RESONANCE
【日時】 2012年02月19日
【会場】 下北沢GARDEN
【出演】 Kent kakitsubata / 蜜 / 長澤知之 / suzumoku / 亜童(from SUNABA)

 

長澤くんは中盤で登場。弾き語りでした。
前半3曲でもう、なんともいえない気持ちにさせられた。
新曲×2+「だから愛して」を立て続けにやられて、うわーって。
1曲目は、なんだなんだ?ってすごく気になるところがたくさんあったな。
私自身が昭和っぽい雰囲気の曲に惹かれる傾向があるからなのかも。
「だから愛して」は、今の長澤くんの声で聴けたのがまず嬉しくて。内心ニヤニヤ。
あと、当然ながら音源で聴く印象とはまた違うものを感じた。
で、2曲目の印象はというと、1曲目と3曲目に挟まれたため、記憶が飛んだ(苦笑)

 

まだまだ私の知らない曲がたくさんあるんだなぁ。
それが古い曲なのか新しくできた曲なのかさえわからない感じが、好きだ。
もっともっと知りたい。でも、全てを知りたくはない。そんな感じ。
長澤くんってライブで新曲や未発表曲をやるとき、どういう理由でそれを選んでいるんだろ?

 

後半の感想をひとことずつ。

★四つ葉のクローバー
ライブで聴くの久しぶり?珍しい~って思った。ギターが素敵。

★僕らの輝き
結構いいところで歌詞が続け様に飛んでましたが、いいんですよ、そんなことは!

★マンドラゴラの花
新しい弾き語りを知った。こっちもいい!

★カスミソウ
やっぱり弾き語りで聴く方が好きだな~

 

ここからは個人的すぎる話だけど、このライブを観たことで、私は現実に戻れた。(普段とは逆ね)
実は今回のライブは長澤くんの音楽から少し距離を置いた状態で行ったんだよね。
でも、彼の生の声を聴いて、なんというか、ハッと目が覚めた感じになって、しっかり生きなければ!と思ったんだ。面白いなぁ。
もともとは彼のライブに行けなかったことが発端で、他の音楽に逃げたのに(笑)ちょっとした現実逃避のつもりが、怖いくらいハマってしまって、随分遠くまで来ちゃったなぁと思ってたところに、長澤くんから「戻って来い」と言われた感じ(笑)私の真ん中には彼の音楽がないと。もはや調子が狂うってことになってるんだなぁ。
まぁ、またあっちの星にも行くんだけどね♪ ←

今回はいいものもらえたなぁって感覚がある。
わざわざ行った甲斐があったってもんです。
私もそろそろ、この自分のモヤモヤをどうにか出来そうな気がしてきた。
なんのこっちゃな話だろうけど、動きますよってことで(笑)

 

しかし、人の声というのは不思議だね。
同じ人間でも年と共に声も変わっていくけれど、声はその日の体調や心の状態なんかも関係してくるから、ほんとに同じ曲でも全く同じということがない。
特に長澤くんの場合はそれが顕著で、歌い方はもちろん、ギターの弾き方、歌詞さえも変わってく。(間違えてたり、飛んじゃうのは抜きにして、笑)
だから毎回欠かさず観に行きたい。観れないときは相当落ち込む。
誰とも話したくないくらいに。ここんとこなくしたいな・・・距離感をちゃんと掴みたい。

あと、弾き語りライブを観るたび、遠くに感じてしまうよ。
普段WMとかで聴いてるときの方が、近くに感じられる。
実距離ならライブでの方が近いのだけど、彼がギターを弾いて歌う姿を目の当たりにするたび、とてもとても近寄れない人なんだと思い知らされるというか。
凄すぎて遠くにいる人だなぁと感じてしまうんだよね。

今回のでハッキリとわかった。私は長澤くんの弾き語りが好きなんだって。
バンドよりも弾き語りが好きなんだって。

 

【SET LIST】
1.あとの祭り (新曲)
2.静かな生活 (新曲)
3.だから愛して
4.四つ葉のクローバー
5.僕らの輝き
6.マンドラゴラの花
7.カスミソウ

※新曲の表記は正しいかどうかわかりません。