読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのいろ

音楽のはなし(旧ブログより移行中)

【Review】 レーナ

長澤知之 Review

『GIFT』をタワレコで購入するともらえるデモ音源は、レアすぎて大喜びの特典だった。中でも繰り返し聴いてしまうこの曲について。

★長澤知之「レーナ」

GIFT

GIFT

  • アーティスト: 長澤知之
  • 出版社/メーカー: Atsugua Records
  • 発売日: 2016/12/07

全国にお住まいのレーナさんが羨ましい。長澤くんが(まっすぐ気持ちを捧げるように)自分の名前を連呼してくれる歌になるんだもん、たまらないよね。←のっけから脱線

長澤くんの声は10代の頃のものだろうか。今ではもう歌えない世界かもしれないなぁって思うと、美しさが増幅されて涙出てくる。だけど、こないだの地元でのライブ(照和)で歌ったらしいね。聴きたかった。今の長澤くんはどんなふうに歌うのだろう。

 
弱気になってしまうときや、何かに向かおうとしてるときに聴くと力をもらえる曲だ。特に讃美歌のようなサビは上へ上へと連れて行かれて、聴いてると雑音が消えていく。そして大切なものだけ見つめられるようになる。
【見渡さないで 見たいものを見て】という「バニラ」のフレーズを思い出す。直接的な表現はときに悲しく感じてしまうことがあるけれど、「レーナ」では言葉じゃなくそう言われているようで、安定しない気持ちに支柱が立つのを感じる。強く持てと。

 

【こんな僕でさえドアを叩いてもいいのならば迷わないよ】や【君の声の源を考えながら呟くんだ】には胸が熱くなる。私にとっては、どうにか伝えたくて言葉を見つけようとしてるときの感覚を歌ってくれてるようで、背中を押される。今では長澤くんが作った頃にはなかった「つぶやく」の解釈ができるようにもなっているね。他人にも見えちゃう「ひとりごと」があるもの。それはまたそれで想像が広がっておもしろい。

 

ところで先日ラジオで長澤くんが「一羽の雀に」という讃美歌を弾き語りしてたのがとても感動的だった。その余韻を感じているときに「レーナ」を聴きたくなったんだけど、ん?そういえば「一羽の雀に」は女性が歌っていたよな。なんて人だっけ?と検索してみたら、レーナ・マリア・ヨハンソンという名前に辿り着いてハッ!となって。あとで長澤ブログを遡ってみると、「レーナ」はレーナ・マリア・ヨハンソンという讃美歌の歌手のうたであるという追記が。結果的に遠回りして答えを見つけたということなんだけれど(笑)それも悪くないなって思った。

 

長澤くんの音楽を解釈するのに感じる壁。中でも宗教的な感覚には太刀打ちできないものがある。私は知らない世界だから。でも歌い出しの【悲しみは全て人間の気取り】とかは宗教っぽいなぁって思っちゃうし、メロディやサウンドからはクリスマスの雰囲気が醸し出されているのが気になるんだけど、どうかな?

宗教を経て音楽に救われた人、そしてその音楽に選ばれた天才の根源をこの曲に見たような感じがしてきて、なんだか遠くを見つめてしまう。その先には星の瞬きが。

 

ものすごく知りたいのは歌詞の全容で、どうしても聞き取れないところがいくつかあって。今回取り上げたところも、耳から入ってきたのをそのまま書き起こしてるだけだから、きっと表記も違うだろうし。ちゃんと捉えることができたら、もっとこの曲を知れるのに。公開してくれないかな…(してください!)